飲食料品のラベルデザインの傾向 | Avery Dennison | LPM

デザインの傾向

 

飲食料品パッケージの傾向を予測することはエイブリィ・デニソンおよびお客様にとって重要不可欠です。 創造的製品設計部長アレックス・キッドはコンセプト実験室に所属する彼の部署とともに毎日デザインの傾向を予測・作成・発見・検討します。 材料工学は私たちのDNAに入っており、創造的設計は強迫観念です。

コンセプト実験室
当社のコンセプト実験室は設計思想を包装の課題に適用する創造と協力のハブです。 当社専属の材料・包装専門家とデザイナーは新たな構想と予想外のアイディアをお客様向けのソリューションに変換します。 3Dレンダリングと実践的なプロトタイプの可能性を探ると同時に、アイディアが自由に流れるようクリエイティブチームを結成しますので、多くのお客様から好評をいただいています。 コンセプト実験室にお越しください。 

当社のパートナー
食料品包装設計と飲料品包装設計においてフレッシュさを維持するには、研究・開発専門家、設計部、傾向予測者などのパートナーのエコシステムが必要です。 私たちはパートナーとともにブレインストーミングしたり創造したりすることが大好きです。 彼らの洞察と当社の設計および研究・開発に関する専門知識と組み合わせることで、食料品包装設計の傾向を傾向になる前に特定し、その非常に重要な情報を貴社と共有することができます。

ケーススタディ

「紙素材はデザインの魅力を左右します。」

特徴

ナパバレーからのメモ

関連製品

The Concept Lab

We Love Materials

The Future of Packaging Report