エイブリィ・デニソンの安全基準 | Avery Dennison | LPM

職員の保護


安全はエイブリィ・デニソンの中核となる価値観で、世界各地のどの施設でも最優先となります。 目的は簡単です。 毎日一日の終わりに全社員が安全かつ健全に帰ることを確保すること 報告されたすべての怪我をCEOに報告するほど安全に真剣に取り組んでいます。

この努力により、グローバル会社の中でも最も安全な企業の一つになっています。 2016年の記録可能な事故発生率は0.25とワールドクラスで、製造業界の平均3.8を遥かに超えました。 同年に、当社の181ヶ所の施設のうち84%に記録可能な怪我がありませんでした。

当社のLPM事業では、現行のイニシアチブと慣行にすべての社員を参加させることで安全性を向上させます。 全社員が記憶し従うべき「黄金律」となる安全条例から始めます。 保護メガネ、安全帽、呼吸器、つま先保護靴などあらゆる防具を提供(そして要求)します。 現行のキャンペーンで手の怪我などの恐れを考慮しており、火事を防ぐための静電気抑制などの予防措置に定期的に投資します。 また、従業員の中でも担当部は工程と手順のリスクを低減する機会を見つけるよう、リスクアセスメントを定期的に実施します。

怪我は統計資料だけではありません。 毎回人がかかわります。 生命。 家族も含め。 エイブリィ・デニソンはこれを決して忘れず、これを踏まえて毎日お互いに気を使います。