エイブリィ・デニソンの企業の多様性 | Avery Dennison | LPM

多様性と包摂


多様性と包摂は、皆の声が聞かれ、皆には印を刻む機会があるという公正で包摂的、倫理的な風土を醸成することへの取り組みの重要な一部です。 当社の従業員と事業に貢献し、好調な業績を牽引することが分かりますので、多様性と包摂に取り組んでいます。 持続可能な企業になるには、多様性と包摂を推進する必要があります。

多様性は性別や人種、民族、性的指向の他にも多くあると信じます。 包摂的な職場は自分自身とは異なる観点と特性、経験を大切にしています。 私たちは世界的な企業で、50ヶ国以上で住み働き30言語以上を話している従業員を抱えています。 その地理的な多様性には多様性の豊富な観点と経験、思想が伴います。

これまで数年にわたり、当社の経営職を務める女性を増やすよう努力しています。 最近では、性別の多様性を越え、包摂を価値観として深く根付かせる努力を強めています。 世界各地の担当部がどのように従業員の多様性を認め尊重するかを検討し、競争力になる資産として活用することを助けています。 Be Different. 最近の従業員向けのキャンペーン「Be Different. Be You.」(日:「自分の道を行け。自分なりに。」)では、一人一人の特異さを祝い、エイブリィ・デニソンの各従業員に毎日自分独自の観点と情熱を会社に持っていくよう励ましました。

ここをクリックして従業員スポットライトをご覧の上、当社の世界各地のチームの詳細をお読みください。


エイブリィ・デニソンの職場の多様性
Be Different. Be You.