コンセプト室 | Avery Dennison | LPM

コンセプト室

 

当社のコンセプト室は設計思想を包装課題に適用する創造的で協力的なハブです。 当社専属の材料・包装専門家とデザイナーは新たな構想と予想外のアイディアをお客様向けのソリューションに変換します。 3Dレンダリングと実践的なプロトタイプの可能性を探ると同時に、アイディアが自由に流れるようクリエイティブチームを結成しますので、多くのお客様から好評をいただいています。


チームメンバー紹介

アレックス

ブランドとパッケージの設計において長年の経験のあるアレックスは設計過程のクリエイティブディレクションを行い、記憶に残るソリューションを作ります。 コンセプト室室長として、様々な場所とつながって革新プロセスを進めます。


アリー

包装設計およびPOP、ブランディング・ソリューションでの経験を持っているアリーは発想から実施まで設計生産についての高度な知識をもたらします。 本来はイラストレーターで、手を使って働き、新しくユニークな方法で材料を活かすことに熱心です。


ブライアン

ミドル級のデザイナーとして、ブライアンはブランディングと包装消費財における経歴から得た洞察力と戦略を提供します。 この経験を活かして思慮深い思想と効果的な設計原則、正しい材料の選定への深い考慮を行うことができます。


ブレント

ブレントはシルクスクリーンと活版印刷の2つの技術経験や自動車業界での経験がありますので、コンセプト室で多種多様なプロトタイプを創出する時に有用な洞察を提供します。

 


構想の現実化

シェルフアピールの向上または新たなラベルと包装に関する洞察、プロセスの効率化を求めている場合は、当社のIdeation Sessionがその答えとなるかもしれません。

これはお客様の運営方法に変化をもたらせる協力的な設計の考え方です。


コンセプト室が提供することは、デザインコンセプトのプロトタイプを創出する可能性だけでなく、設計と印刷製品との完璧なバランスをもたらしてデザインコンセプトを次のレベルに上げる可能性です。 これはThirstでの設計部だけでなく世界的な顧客基盤にとって重要です。