水性インクジェット | Avery Dennison | LPM

水性インクジェット

 

インクジェット印刷機は他のデジタル印刷方法に比べてオンデマンド印刷、短納期、自動色管理など様々なメリットをもたらします。 他のデジタル印刷機より安く、クリックチャージを含みません。 フレキソ印刷とは異なり、印刷版が不要で、さらに費用が削減されます。 また、掃除と保守が簡単になります。 デジタルラベル印刷技術の中でも今後5年の予測成長率が最も高いです。

インクジェットプラットフォームは水に分散または溶解された着色剤付きのインクを使用します。 印刷時には、基材が吸水し、顔料または染料が基材上に残ります。 インク中の水を抑制するよう設計された上面塗料は過剰な水分にさらされると過飽和状態になり、健全性を失う可能性があります。

当社は広範な水系インクジェット印刷機用媒体ポートフォリオを提供し、どの機種にもインクジェット印刷に依存するあらゆる大手のOEM向けの基材が様々あります。

Colordyne™ Portfolio

Epson Portfolio

Trojanlabel Portfolio

Primera Portfolio


関連製品 

Craft Segment - Advantage Digital

Craft Segment - Advantage Digital