当社のコミュニティ


【持続可能な2017年9月】
高齢者とのランチ会。 英国チーム

LGM(英国のクラムリントン)の部署を横断した従業員数人は現地の老人ホーム組合と協力し、高齢者とのランチ会に出席するよう手配しました。

工場長マーク・ワードはイベントを主催し、当日参加者を歓迎しました。 「これは地域社会と交流し、孤立している人々を助ける素晴らしい機会でした。 お互いに交流し、工員と話し合う機会がありました。」

最年長が87歳であった参加者を迎えに行くためにタクシーを手配しました。 イベントは共同活動でした。 レイチェル・スリース(プロセス工学者)に参加者を探してもらいました。 ミック・プラテン(ELS実行委員会会長)とコリン・ダーウォード(保守技術者)は訪問を手配し工場食堂と連携し、ケリー・リード(品質管理専門家)は昼食の提供を手伝いました。

今後の計画はすでに始まっています。 次回は、保育所と力を合わせ、クリスマスのイベントを手配するつもりです。

クラムリントンの人事部長リンジー・グリーンオールは「こんな取り組みはクラムリントンに対して本当に重要です。 過去に誇りを持ち、地域社会に参加することに誇りを持っています。 やはり簡単な行為である現場での午餐会はこれを悟る機会になり、これらの年配の女性たちにとってとても大切なものになりました。」と言いました。

 

#SpiritOfStan #togetherAD


【持続可能な2017年9月】:
チームオーストラリアは家族を連れて全国木の日に参加しました

 

同僚とそれぞれの家族は緑化を支援するためにヘザートン地区のカーカルーク公園で100本以上の苗木を植えました。

8月30日日曜日に、メルボルンにいる職員は全国木の日を祝いました! 幸運にも、前日に警告された厳しい天候が晴れ、真冬に美しい青空が現れました。

全国木の日はPlanet Arkによってビクトリア州公園局とトヨタと連携して実行され、オーストラリア最大の年次コミュニティ植樹・環境保全イベントです。 イベントは1996年から始まり、それ以降380万人が2300万本の木を植えてきました。今まで増えています! ビクトリア州公園局は苗木と植え付け器(そしてバーベキュー昼食)を供給してくれます!必要なのは手伝ってくれるボランティアだけです。

事務所の近くにある場所であるヘザートン地区のカーカルーク公園を選び、他の大人と子ども、地域社会団体職員数百人と一緒に参加し、当社は独自で100本以上植えました! 特にこの場所では、過去数年に行われてきた緑化活動を基盤に作業し、野生動物の生息地としての価値を高めました。

サントシュ・ケンガルさん、アンドルー・ワットさん(そして子どものセブちゃん、ダニエルちゃん、アメリアちゃん、ニックちゃん)、ジャニーン・オルさん(そして配偶者のケインさんと子どものクロエちゃん、パーカーちゃん)、ウルヴィシュ・パリックさん(そして妻のシュレヤさん)、週末の中から時間を割き、ジェイド・オールムスさんら、この大切な企画に参加してくれた皆様ありがとうございました。

 

#SpiritOfStan #togetherAD


グアダラハラにある地域社会を支えるメキシコチーム

5月11日に、グアダラハラにいる同僚は初めての社会的責任イベントを開催しました。

危険な状況にいる子どもを支える孤児院を訪問しました。 従業員は持続可能性について短い講演を行い、コンセプトを強化するための枠組みを説明しました。

この活動により、地域社会を手伝い、当社の各部門を統合できるようになります。

この活動に参加してくれる人々にとてもありがたいで、当社の他の部署もエイブリィ・デニソンと一緒に参加し貢献してより良い世界を築くよう促します。

「個人および職業のレベルで語ることは素晴らしい活動でした。」現地実行委員会会長

「素晴らしい経験でした。他人に幸せを与えることは大満足です。」環境・衛生・安全部員ノエリ・バリェ

「初めて参加しましたので、新しい経験で、色々な状況が感じやすくなっています。」営業部のダビド・アビニャ

 

#SpiritOfStan #togetherAD


2017年の敬老の日に地域活動をした
北米チーム

6月28日水曜日に、北アメリカでエイブリィ・デニソンのオハイオ州東北部にある業務所から合計253人以上のボランティアはUnited Way of Lake Countyの第25回年次介護の日に参加しました。 イベントに参加した企業の中でも、エイブリィ・デニソンはボランティアが最も多いで、多様な活動に参加しました。

6月21日から始め、Leadership Development Program(LDP)関係者81人が屋外のYMCA遊び場でマルチを玉砂利に取り替えました。

6月28日に従業員115人以上が屋外のYMCA登山道を改善しました。 チームで溝を掘り、砂利を移し、排水管を敷設し、登山道に材木を置きました。

ボランティア40人がクリーブランド圏フードバンクで日を過ごして食品を作り仕分けました。

また、従業員17人がメンター高齢者センターに行って雑草を取り、根覆いをし、花を植えました。

敬老の日には、現地の企業や団体からのボランティアは現地の非営利団体の日常業務を体験することができます。 最も重要なのは、この日にとても感謝される具体的な方法で地域社会にお返しができるようになります。

 

#SpiritOfStan #togetherAD